HOME>イチオシ情報>名前付けの面倒な作業を簡単にすることができる

付ける素材や用途で選ぶ

シール

名前付け作業の手間を省くことができる名前シールは、入園シーズンの必須アイテムとしてさまざまな商品が販売されています。名前シールはいくつか種類があるので、用途や付ける素材によって使い分けることが大切です。子供の持ち物は衣類や文房具など、さまざまな素材があるので、素材によって適した名前シールを選ぶと良いでしょう。ラミネート加工されたタイプや防水タイプは水に濡れてもはがれにくく、長持ちするので、お弁当箱やコップ、傘などに向いています。衣類の場合は洋服のタグに貼るシールタイプやアイロンで付けるタイプなどがあります。シールタイプは貼るだけなので手間がかからず作業を短時間で終わらせることができます。アイロンシールタイプはアイロンの熱でしっかり付けることができるので、繰り返しの洗濯に強いのがメリットです。洗濯の頻度の回数によって選ぶと良いでしょう。

耐久性に優れている

カッティングマシン

名前シールは入学や入園準備に活躍する便利アイテムです。入園準備には名前付けという作業があり、他の子どもの持ち物と混同しないようにすべての持ち物に名前を付ける必要があります。名前シールは名前を書いて貼るだけなので、直接持ち物に名前を書くよりも見映えが良く、作業も簡単です。布専用シールもあり、マジックで書くと滲んでしまうような布製品でも洗濯によって字が消える心配もなく、長期間きれいな状態を保つことができます。

子どもにわかりやすい目印

シール

名前シールはかわいいデザインやキャラクターものなど、デザインが豊富にあるのでママだけでなく子どもにも喜ばれる人気アイテムです。字が読めない保育園児にも自分の持ち物だとわかる目印を決めることができるので、持ち物を無くす心配も少なくなります。また、名前シールはオーダーメイドで作成することができます。子どもの好きなキャラクターやカラーを選んでオリジナリティのある名前シールを作ることができるので、他の子とかぶる心配もありません。